ゆるゆる~大航海

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリスマスイベント後半・・・(多忙な方々へ)

☆クリスマスイベント後半・・・
①やっぱり良いキャラしてるポーリーヌ編

ポーリーヌ>…なんだい?ヒルデガルドさんじゃないかい…
ポーリーヌ>見りゃわかるだろやけざけ中
ポーリーヌ>だってさ 結局テオドール様と一緒に各地を旅なんてできそうにないしさ
ポーリーヌ>これを飲まずしてなにをするかってのよ
ポーリーヌ>あーあ ワインにも飽きたわね~たまには新大陸の酒を
あびるほど飲みたいね
ポーリーヌ>酔いつぶれてはまた飲み酔いつぶれてはまた飲み…
10本くらい軽くいけそうだよ
酔い覚ましを10渡した!
ポーリーヌ>あらやだほんとに持って来てくれたのかい!?
これがあれば どんなに酔ってても
ポーリーヌ>まだまだ 酒が飲めるよ
ポーリーヌ>アンタ いろいろありがとね ほら お礼だよ
オーナメントを3個受け取った!
オーナメントを入手しました!
テキーラを10渡した!
ポーリーヌ>あらやだほんとに持って来てくれたのかい!?
うわあ アタシ初めて見たよ
ポーリーヌ>…ん~ いい香り
ポーリーヌ>アンタ いろいろありがとね ほら お礼だよ
オーナメントを2個受け取った!
オーナメントを入手しました!
ポーリーヌ>なんかいろいろあったけどお酒飲んだら忘れちゃうね!
ポーリーヌ>さて アタシはそろそろ帰ろうかねアンタとは またどっかで会いたいよんじゃね!

潔いというか何というか・・・w
とても良いキャラです。幸せそうだからいいのかな・・・?




②とっても方向音痴のオヤジ編
レグナム>…おー… ヒルデガルドさんか俺ぁ ジャマイカに帰ってきたぜ…けどよ…
レグナム>娘がいねえんだよー!
レグナム>どこいっちまったんだ!村の人間も けっこう前から
見かけないって言うし
レグナム>ジャマイカに帰ってきた意味ないじゃないかよ…
レグナム>なあ ヒルデガルドさん!心当たりないか!?
どこにだって 探しに行くぞー!!
レグナム>わ… わかった あんたに任せる
レグナム>じゃあ… これを持っていってくれ俺が森で摘んできて娘の髪に飾っていたブーゲンビリアだ
レグナム>姉の方が白で 妹が薄桃色だ白と薄桃色のブーゲンビリアを預かった!
レグナム>これを渡したら この話をしてやってくれ
レグナム>「森のトカゲは変身上手どんなものにも体の色を合わせ
変身してしまいます」
レグナム>「ある日 トカゲは旅に出ました自分の本当の色を探すために
でも行く先々で体の色は変わってしまう」
レグナム>「トカゲは悲しみました自分の色なんてないんだと」
レグナム>「旅の果てに トカゲは一匹のトカゲに会いました
彼はそのトカゲが 大好きになりました」
レグナム>「気が付くと 彼は大好きなトカゲと同じ色になっていました
彼はこれが自分の色なんだと知りました」
レグナム>娘が大好きだった話だこの話をしてやれば 俺だとわかるだろう
レグナム>それじゃあ 頼んだぜ…
俺はまた 漁にでも戻るとする
そしてセビリアで・・・
ユミルカ>ヒルデガルドさんだ!こんにちは~!あ ブーゲンビリアだ…
ヒルデガルド>お姉ちゃんは誰?
ユミルカ>お姉ちゃんは 私だよ~
ユミルカに白のブーゲンビリアを渡した
ユミルカ>これ もしかして お父さんから…?
ニナ>ねえねえ ヒルデガルドさん森のトカゲの話って知ってる?
ニナ>トカゲが自分の色を探して旅に出る話なんだけど…
ヒルデガルド>私は大好きなトカゲと同じ色なんだよね。
ユミルカ>…お父さんだ!ヒルデガルドさんお父さんに会ったのね!
ニナ>お父さん ジャマイカに帰ってきたんだ…
お父さん 無事でよかったよ~!
ユミルカ>ニナ おじいちゃんがお仕事落ち着いたら
カリブに連れてってもらおう!
ニナ>うん おじいちゃんも連れて行こう
お父さんに おじいちゃん紹介したいし!
ニナ>ヒルデガルドさん素敵なクリスマスプレゼントを
どうもありがとう!
ニナ>はい これ私たちから
オーナメントを5個受け取った!
オーナメントを入手しました!
ユミルカ>それじゃ ヒルデガルドさんまたね~!
うんうんよかったよ;;

③そして奇跡の出来事・・・!?

ヘンドリク>ユリアナ突然呼び出してごめん
ユリアナ>いいのよ ヘンドリク…話ってなんなの?
ヘンドリク>僕が君にプロポーズしたこと忘れてほしいんだ
ユリアナ>…どういうこと?
ヘンドリク>僕は必ず生きて戻る5年後必ず君を迎えに来る
ヘンドリク>そしたら…改めてプロポーズさせてほしいんだ
ユリアナ>ヘンドリク…
ヘンドリク>…ダメ……かな?
ユリアナ>ヘンドリク 聞いて ママは あなたのこと嫌いなんかじゃない
ユリアナ>むしろ 私になんてもったいないって言ってるわ
ユリアナ>結婚に踏み切れないのは 私のせいなの
ユリアナ>人もうらやむ仲良しの恋人同士だったパパとママも
私が知ってる限りは ケンカばっかり
ユリアナ>私 ヘンドリクとの関係がそんな風になってしまうのが
怖かったの…
ユリアナ>それと あなたの妻になることに自信が持てなかった
ユリアナ>だって あなたが知らない私の顔いっぱいあるもの
ユリアナ>一緒になったら きっといっぱいわがまま言って
いっぱいあなたを困らせるわ
ユリアナ>それでも…好きでいてもらえる自信がないの
アンナ>ユリアナ よおくお聞き
ユリアナ>ママ…
アンナ>パパとママはね いっぱいケンカもしたし
いっぱいすれ違った
アンナ>だけどね それはお互いを認め合っていたから
あそこまで 意見を言い合えたんだよ
アンナ>ユリアナの目にはとっても仲が悪く見えたかもしれないけど
アンナ>アタシたちは お互いがなくてはならない存在だったんだよ
アンナ>もう あの人に素直に伝えることはできないけどね…
死んでしまったから
!?kuripapa.jpg

ユリアナ>パ パパ!
アンナ>あんた…!
ルドルフ>ユリアナ
ルドルフ>私が長期遠征に参加した際も安心して活動できたのは
母さんのおかげだった
ルドルフ>母さんが家を守ってくれていると家に帰れば母さんが迎えてくれると思っていたから
ルドルフ>私は仕事に集中できたのだ
ルドルフ>ケンカをするのも意見をぶつけあうのもそれが夫婦なんだ
ルドルフ>どんなに離れていても近くに感じられるそれが夫婦なんだよ
ユリアナ>パパ 私…
ユリアナ>ヘンドリク
kuripapanasi.jpg

ヘンドリク>ユリアナ…
ユリアナ>5年間 立派にお勤め果たしてきてそして 私の元へ帰ってきて
ユリアナ>…そこまでがお仕事よ
ヘンドリク>ああ… 約束だ僕は必ず帰ってくる
ユリアナ>私は…
ユリアナ>あなたの妻としてあなたを信じて 待っているわ
ヘンドリク>ユリアナ…!
ユリアナ>結婚しましょうヘンドリク
道化>クリスマスの奇跡…
見事に起きたね
道化>彼らのわだかまりも ほぐれたようだ
道化>ヒルデガルドくんいろいろとご苦労だったね
道化>これはボクからの
クリスマスプレゼントだ
ヤドリギのリースを入手しました!
道化>それじゃあ ボクは時間だからもう行くよこれでも忙しい身なんでね
道化>キミも 残り少ないクリスマスを楽しんでくれたまえ!

クリスマスの奇跡って死んだパパが娘を心配して幽霊としてでてきてくれることだったのね;;
おかげでハッピーエンドでめでたしめでたし!
でもまてよ・・・?後日談もあったよねえ。。。
よし!最後までやろう!!ときめていそいそとカルカッタまで行って来ましたorz
出航所で書簡をうけとりすぐとんぼ返りで、アムステルダムへ・・・
そこには衝撃の事実がまっていたのです!!!!

友人>いや~ ほんと今日はめでたいね!
友人>全くだ 一時はあの二人どうなることかと思ったが…
この日が迎えられて ほんとよかったよ!
友人>心なしか ユリアナちゃん大人っぽくなったな
友人>ちょっと前はまだまだ子供みたいだったのに
友人>自覚が出てきたんだろ一人の妻としての…
友人>ん? アンナ・ウィットさんならほらそこにいる花嫁の母親だよ
海軍士官の書簡を渡した!
アンナ>おや アタシに書簡?誰だろうね…
ユリアナ>なあに ママ書簡ってなんなの?
アンナ>今 調べてるところじゃないかちょっとお待ちよ…
アンナ>!!
アンナ>そ そんな…
ユリアナ>どうしたの ママなんだったの?
アンナ>パパの名前で 書簡が送られてきたんだよ…日付はつい最近…
そんなことって…
ルドルフ>私が死んだとは それはどういうことだ?長いこと家を空けたからといって死んだことにするとはあんまりではないか
アンナ>あんた…
ルドルフ>なんだ?本当に幽霊を見ているような顔をしているな
ユリアナ>パパ パパ…!本当にパパなの!?
ルドルフ>ただいま ユリアナ…大きくなったな
ユリアナ>パパ…!
ルドルフ>帰還の報告をしに軍本部へ向かったらお前が今日結婚すると
聞いて大慌てで走って来たよ
ルドルフ>船旅が長かったからすっかり体がなまってこんな短距離なのに 
息が上がってしまった
ルドルフ>…私も歳を取るわけだお前がこんなに大きく
きれいになっているのだからな…
ヘンドリク>おじさん…いや
ヘンドリク>お父さん…
ルドルフ>ヘンドリクお前も立派になったな
ルドルフ>このわがままな一人娘に愛想をつかさず よくついてきてくれた…
ルドルフ>アムステルダムを離れる頃からお前に お父さんと呼ばれる日が遠くないと思っていたよ
アンナ>おかえり… あんた
ルドルフ>母さん ただいま
ルドルフ>…その書簡より早く帰ってきてしまったな
ルドルフ>…アンナ長い間家を留守にして すまなかった
ルドルフ>そして 長い間家を守ってくれてありがとう
ルドルフ>ユリアナを立派に育ててくれて ありがとう
ルドルフ>娘がこうやって 嫁に出てしまうと父親らしいことをもっと
やっておくべきだったと後悔してしまうよ
ルドルフ>…その分 お前に夫らしいことをさせてくれ
アンナ>…あんた
ルドルフ>そうだ 忘れるところだった
ルドルフ>ヘンドリク先ほど軍の部隊が再編されお前は私の直下の部下になる
ルドルフ>娘婿だからといって甘やかしたりはしないぞ
アンナ>え? じ じゃああんたもまた 遠征に…
ルドルフ>我が隊は 近海の哨戒部隊に組み込まれた遠征は また再編されるまでないな
ルドルフ>さあ ヘンドリク十分 今日という晴れやかな日を楽しめ!
明日からは一般隊員よりも厳しくいくからな
ヘンドリク>は…はいッ!
アンナ>幸せの運び屋さん
アンナ>アンタが こんな幸せを運んできてくれたんだね
アンナ>アンタはこうやって いく先々で人に幸せを運んでいるんだろうね
アンナ>きっと… アンタに感謝したい人はたくさん いるだろうよ
アンナ>本当に… ありがとう
(゚ロ゚;)ポカーン
ということは、最初のお父さんの幽霊はいったい何なのーwwww
い、いちおうハッピーエンドだよね・・・?
う、うん。きっとそうだ。。。そうに違いない・・・。
リスボンで家畜取引の銃もらってうれしかったけど、やっぱり、後日談になんともナットクできないヒルダでございました・・・;;
カルカッタまで行ってきたのに。。。。・゚(ノД`)゚・。うわぁぁん
感謝されてるみたいだからよしとするかな・・・w



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

確かに・・・あの本筋エンディングは少し首をかしげますよね・・・
NPCの途中イベントが良かっただけに。
私も昨晩終わらせて、家畜取引の銃貰って放心してました。

そうそう、アパート改装ですが・・・R2改装型で今のところ終了のようです。
やっと首都離れが出来て、嬉しいやら悲しいやら

稜輝 | URL | 2006年12月27日(Wed)15:53 [EDIT]


改装時々さぼるので、なかなか終わりそうにない@@
ぼちぼちマイペースでやるのが一番ですよね^^
イベントに過度な期待は禁物と学習したよ(*´▽`)b

ヒルダ | URL | 2006年12月28日(Thu)06:43 [EDIT]


幽霊ほんと謎だなおいwwwww

でも、最後までやりとげたフロちゃん頑張ったね!
さすがボクの嫁だ!(おい

meg | URL | 2006年12月30日(Sat)18:27 [EDIT]


メグちゃんの嫁として恥ずかしくないレポート書けて良かった!
今度はトラ頭ツアー頑張ります!

フロイ | URL | 2007年01月04日(Thu)01:08 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。